素朴な疑問【どのくらい摂取した方がいいですか】

素朴な疑問【どのくらい摂取した方がいいですか】

亜鉛の栄養素というと、一体どのくらいの量を摂取してもいいのか悩むという人もいるでしょう。
厚生労働省が発表している亜鉛摂取の推奨量については、男性で12mgと言われています。12mgと言っても、正直ぴんと来ないというのが素直なところかもしれませんね。
女性については9mg、妊婦さんは11mg、母乳をあげている女性は12mgとなっています。
子供についても7mgの摂取が必要です。子供は大人の半分と思っていましたが、意外と多いですね。これには、身長を伸ばすことで亜鉛が使われているということも影響しているのでしょう。
この量については、多くの人が達成できていないという意見が殆どです。
亜鉛だけを考えて食事メニューを作るわけには行かず、その他の栄養素も考えて食事は作らないといけませんし、これを毎日続けることができる人はそういないでしょう。
ですから、多くの人がサプリメントに手を借りるのです。
もし、サプリメントには補助程度の手助けでよいと考えているのなら、1日1粒のものだったら、1日おきに摂取するとか、1日2粒というものだったら1粒摂取にするという方法もありでしょう。
その代り、普段のメニューで摂取を気を付けることが大切となって来ます。
参考までに、亜鉛の含有量が一番多いと言われている牡蠣も1日2〜5粒の牡蠣を摂取して、はじめて亜鉛の摂取推奨量に追いつくということになります。