亜鉛サプリいかがですか?美人コンシェルジュがサポートいたします

亜鉛はどうして摂取した方がいいのですか?

私たちは、毎日の食事で栄養素を摂取します。その中には、生命の維持に必要なものもありますし、不足することでからだの不調に繋がるものもあります。
そして、体内で作りだすことができるものと、食べ物などから摂取するしか方法のないものがあります。
亜鉛については、後者ということになり、私たちがどうにかして働きかけてから摂取しなくてはなりません。
とは言っても、亜鉛というと摂取も吸収も難しい栄養素として有名です。そうありながらも、効果は幅広いのです。
主な効果として知られているのが、疲れにくくする効果があるということです。毎日を忙しく過ごしている人には見逃せない効果ということになります。
そして、免疫力向上効果です。ウイルス性疾患が流行したりするときに、すぐに感染してしまう人とそうでない人がいますが、亜鉛が体内に不足している人はすぐに感染してしまいます。
そして、男性には重要な薄毛や白髪などに関する効果、男性ホルモンの分泌を正常にすることで性の問題を解決する効果・・・と、かなり幅広い効果が期待できます。
性に関する効果としては、女性でもその効果を実感することができます。PMS改善効果生理痛改善効果更年期障害に関する効果があります。

亜鉛が不足するとどうなりますか?

亜鉛が必要な栄養素であることは分かるのですが、不足するとどのような状況になるのでしょうか。
亜鉛が不足することによって、よく聞かれる症状に味覚障害というものがあります。
これは、以前は中年以降に出る症状というイメージが強かったのですが、最近では若い年齢層でもこの症状が出ている人がいます。
子供の頃からインスタント食品などで食事をカバーしていると、このように慢性的な亜鉛不足になりがちです。
そのことで、若い年齢層の味覚障害は問題となっています。インスタント食品というのは、かなり楽な食品ですので、どうしても時間のないときや料理を準備する人が体調が悪いときには助かるものですが、これを毎日のように食べていると問題です。子供の場合は、亜鉛不足により身長が伸びなかったりしますし、記憶力にも関する栄養素ですから勉強そのものに支障を来すということになりがちです。
そして、意外なところで味覚障害というのは、料理を扱う仕事をしている人にとっては、生活そのものを変えてしまうような症状です。
料理の味が安定していないとお客さんも来てくれませんし、クレームの原因にもなります。
味覚障害というひとつの症状でも、置かれている状況によって影響が大きく違って来るのです。

亜鉛の効果とは

亜鉛の効果とは、簡単に言うと元気になるという効果なのかもしれません。元気に活躍するということは、顔色も良く、髪もツヤがあり、疲れにくい、貧血もなく、病気にもなりにくい状態で、味覚障害もないので食事もおいしくいただける、性に関する悩みも無いので性生活そのものも満足している状態である。精神面では、ストレスが溜まりにくく、うつにもなりにくい ということが言える気がします。上記の説明は、すべて亜鉛を摂取することで得られる効果です。どの効果も身体には影響が大きいものばかりです。
どれが欠けても毎日の質そのものが低下するように思いますね。
毎日を充実して過ごすには、亜鉛が体内に足りているかどうかって大きいのだと思われます。
しかし、まだ亜鉛がここまでの効果があるということを知っている人もいれば、知らないという人もいます。
きっと、知らないという人の方が多いのではないでしょうか。
知っていれば、亜鉛を積極的に摂取しようと動きますし、知らない場合はもちろん何のはたらきかけもできません。
これは、かなり勿体ないことですよね。
亜鉛をしっかり摂取するのにどうしたらいいのか?何に多く含まれているのか?亜鉛について気になることがたくさんありますね。

 

亜鉛の効果についてはこちらをご覧下さい!

亜鉛と精子の関係はこちらをご覧下さい!

亜鉛が多く含まれる食品

亜鉛を多く含む食品とはどのようなものでしょうか。
NO.1に輝くのは牡蠣です。牡蠣というと、貝類ですから好き嫌いが分かれる食品でもあります。広島県や三重県、石川県などで多く摂れることで有名です。
その他の地域でも牡蠣は採れていますが、そこまで数が多くないので頻繁に見かけることはありません。そして、食べ方についても頭を悩ませるので、普段から摂取するのは難しいという印象を受けます。
NO.2以下については、牡蠣のようにダントツということがないので、まとめて紹介します。
レバーや牛肉です。レバーも同じく好みが分かれる食品ですし、生食が禁止されているので、食べることそのものにハードルが高くなって来ました。
牛肉については、元々高級品ですから、料理の方法は結構ありますが、そうそう食べられるものではありません。
その他では、卵黄というようなあらゆる食品に含まれているものもありますし、カニ缶にぼしパルメザンチーズピュアココアなどが亜鉛を多く含んでいます。
ちょっと普段多めに摂取するのは難しい食品ばかりですよね。そして、これらの食品に亜鉛が含まれていると言っても、ほんの少しというのが現実なんです。
ですから、本当に食品で摂取することは難しいのです。

 

亜鉛吸収を妨げるもの

亜鉛は、その吸収を妨げてしまうものもあります。ここが、余計に慢性的な亜鉛不足に拍車をかけているということになっています。
葉酸、ポリリン酸、フィチン酸、食物繊維、鉄、カルシウム、タンニン、アルコールです。
あまり聞きなれないという成分も含まれていますから、説明したいと思います。
葉酸は、妊婦さんに必要な栄養素ということで知られています。ビタミンB群の仲間で葉物野菜などに多く含まれています。
ポリリン酸は、食品添加物の一種で、インスタント食品に多く使われています。かまぼこの舌触りをよくするためにも使われています。
フィチン酸は、大豆に含まれている成分で、強力なキレート作用があります。亜鉛を見つけたら排除してしまうので、絶対に一緒に摂取しないようにしましょう。
食物繊維は、お通じをよくするためには必要な成分ではありますが亜鉛を排出してしまいます。レタス、ごぼう、乾燥させている食品類であるきくらげや干ししいたけに多く含まれます。
鉄は、レバーなど貧血に効果のある食品に多く含まれています。
カルシウムは、牛乳をはじめとする乳製品や小魚に多く含まれています。
タンニンは、渋みのもととなる成分で、お茶やワインに多く含まれています。
アルコールは、ワインやビールなどお酒と呼ばれるものに含まれています。
これらの食品と同時摂取しないようにしましょう。せっかくの亜鉛の効果が消えてしまいます。

 

 

亜鉛吸収を促すもの

でもご安心下さい!亜鉛にはその吸収を邪魔する成分だけでなく、吸収を促進させる成分というものも存在しています。
これらの成分を上手に利用し、摂取することでより高い亜鉛効果を得ることが可能です。
亜鉛という栄養素は、例え摂取しても吸収するできるのがすべてではありません。
吸収しにくい栄養素であることは知られていますが、腸の機能とも関係があって、腸の機能が落ちている人は高い確率で亜鉛の栄養素を摂取することができません。
酷い場合になると8〜9割の亜鉛については吸収できないという人もいるくらいです。
このような背景があるのですから、もともと亜鉛の摂取量が少ないという人は確実に亜鉛不足になるということが分かりますね。
これは大問題なのです。
亜鉛の吸収を促進させてくれる栄養素というのは、決して多くはありません。しかし、どれも摂取に関してはそこまで難しくないものばかりです。
マカ、ビタミンC、クエン酸、動物性たんぱく質ということになります。
食品だけに拘っていると難しいかもしれませんが、サプリメントを併用する気持ちがあれば割とハードルの低いものばかりです。
そして、それらの栄養素は単独でも妊活や美容、代謝の向上というような大きな役割を持つものばかりです。

 

 

亜鉛の効果についてはこちらをご覧下さい!

亜鉛と精子の関係はこちらをご覧下さい!

 

関連情報

http://xn--u9j612gk0cdr1ah12c.net/・・・亜鉛の効果や亜鉛不足で起きる様々な症状について
http://xn--o9j122g1wibv7anuw.com/・・・精子量や精力減退のための亜鉛サプリ。